アントシアニンを過剰摂取したらどうなる?効果・副作用はある?

眼精疲労対策サプリメント

「目にいい」とされる、アントシアニンを過剰に摂取したら、どうなるのでしょうか?

めなりの公式ページからの解説によると、

摂取目安量を守っていれば過剰症を起こすことはほとんどありません。
ルテイン・アントシアニン、ゼアキサンチンの上限量とくになく、 厚生労働省の調査ではルテインのルテイン1日35mgを摂取しても問題はないとされています。

とのこと。

1日の摂取量を守って飲んでいれば、過剰摂取の心配はほぼない、との記載です。

アントシアニンは、たくさん飲んだからといって目がめきめきと良くなるものではありません。

「一刻も早く、目の疲れを改善したい!」
「今日は目がしょぼしょぼするから、たくさんアントシアニンを摂ろう」

と、過剰に摂取しても、残念ながらからだに吸収されずに、排出されてしまいます。

アントシアニンは水溶性の色素なので、からだに留まりにくいのです。

心配なのは、アントシアニン以外との成分の兼ね合いです。

眼精疲労対策によく飲まれるサプリメントの栄養成分の中には、アントシアニンのほかにも、栄養素が含まれています。

中でも、ビタミンAやビタミンEは、過剰摂取をすると健康被害につながる恐れがあります。

1日の摂取量を守って、こまめに飲んでいくようにするのがベターです。

>>アントシアニンをサプリで補給!めなりの体験レポートはこちらです


 

サブコンテンツ

このページの先頭へ