えんきんとめなりどっちがおすすめか?
アイケア用のサプリメント、めなりとえんきんを徹底比較しました。あなたにはどちらがおすすめか?を記事にしていきます。

めなりもえんきんも、どちらも目の疲れを癒してくれるアイケアサプリ。せっかくならば、より自分に合うほうを選びたいところです。

目にいいと言われている栄養素(ビルベリーやルテインなど)を含み、パソコンやスマートフォンの光対策だけでなく、老眼対策、かすみ目対策などに飲んでみたいと考え中の人も多いのではないでしょうか。

めなりorえんきん、どちらを飲もうか迷っているかたは参考にしてみてください。


めなりVSえんきん 成分の徹底比較!

 

めなり えんきん
めなり粒つき えんきん
ビルベリー
眼精疲労回復
抗酸化作用
170mg 20mg
ルテイン
光ダメージから目を守る
12mg 10mg
ゼアキサンチン
光ダメージから目を守る
2.4mg あり
>内容量不明
アスタキサンチン
抗酸化作用
1mg 4mg
クロセチン
ルテイン、アスタキサンチンの力を強化
0.68mg なし
その他成分 βカロテン
ビタミン
ミネラル
亜鉛
銅酵母
DHA


【成分比較】めなりVSえんきんは「めなり」がリード

■目にいい成分量が総合的に多いのはめなり!
目への有効成分を比較してみると、めなりが圧倒的におすすめです。

特に目立つのは、ビルベリーの数値。めなりは、目によいとされる北欧産のビルベリーを100%使用しており、配合量はえんきんの8.5倍。ビルベリーは、目の疲れの回復を助けてくれる重要な成分なので、この数値の差は大きいです。

いっぽう、抗酸化作用を重視するなら、えんきんも良いかもしれません。わずかな差ではありますが3mg、アスタキサンチンが多く含まれています。その他の成分――ビルベリー、ルテイン、ゼアキサンチン、クロセチンが多く入っているのはめなりになります。



■めなりは成分のバランスが良い!
アメリカの研究では1日にルテイン10mg以上とゼアキサンチンを2mg以上を、5:1の割合(ルテイン5:ゼアキサンチン1)で摂取すると、目への効果性が高くなることが実証されています。

めなりは、まさにこの黄金比の5:1が形成されたサプリメント。目にしっかり栄養を届けたい場合は、めなりのほうをおすすめします。



管理人のひとこと口コミ

配合成分の優秀さは、めなりが一歩リード!







成分面ではめなりがおすすめですが、価格面ではどうでしょうか?

続いて、めなりとえんきんの価格比較、コスパ比較をしていきたいと思います。

めなりVSえんきん、価格比較表!コスパが高いのはどっち?

めなり えんきん
めなり口コミ めなり・えんきん
販売会社 さくらの森 ファンケル
通常1ヶ月価格 4299円
(税込)
リニューアル中
初回価格 980円
(税込)
リニューアル中
定期2回目~ 25%off リニューアル中
1日の摂取目安 2粒 2粒
返金保証 30日
1日あたりの費用 99円 リニューアル中
サプリの形状 かため やわらかめ
サプリの香り なし なし

※1日あたりの費用は、定期コース2回目以降の価格を30日で割った数値

めなりVSえんきん、コスパ的にはえんきんがおすすめ

■えんきんはリニューアル予定※2021年4月中旬頃まで
コストパフォーマンスで比較すると、以前はえんきんが一歩リードしていましたが、2021年4月中旬頃にえんきんはリニューアル販売が予定されています。

そのため、現状では正式な価格比較ができない状況です。



■初回購入価格が安いのはめなり!
めなりの初回1か月分の購入金額は、980円(税込)とかなりお値打ちです。

えんきんは、現状ではキャンペーン価格の適用がないため、初回価格=通常価格であるケースがほとんどです。



■単品価格での比較でコスパが良いのはえんきん!
(えんきんのリニューアル前の価格時)日々のコスパから見ると、えんきんのほうがめなりよりも1日あたりのコストパフォーマンスはお値打ちです。アイケア用のサプリメントとしての質の高さからみると、めなりの成分が群を抜いているのでこのような価格差が生まれたのだと思われます。

コスパ重視でいくならえんきん、目への成分重視で選ぶならめなりがおすすめといったところでしょうか。



管理人のひとこと口コミ

コストパフォーマンスの良さはえんきんがリード!




めなりえんきんどっちがおすすめ

めなりとえんきん、両方飲み比べたことがある人の口コミまとめ

■ えんきんからめなりに飲み変えてみたら目の疲れが減った
年齢・性別 悩み どっちがおすすめ?
50代女性 目の疲れ めなり

これまでは目の疲れ対策にドラッグストアでえんきんを買って飲んできました。

えんきんはほしいときにパッと近所で買えるのでこれはこれで助かっていたのですが、めなりを飲んでみてから考えが変わりました。

めなりを飲んでいるときのほうが目の調子がいいので…。めなりの定期コースだと、メール便でポストに届いているので受け取りの手間もなくラクです。


 ■めなりをいったん解約したけど、もう一度めなりに出戻りしました
年齢・性別 悩み どっちがおすすめ?
60代女性 眼精疲労 めなり

サプリメントジプシーといいますか、眼精疲労と老眼対策にいろんな目のサプリを飲んできました。

めなりもえんきんも、それぞれ試したのですが結局はめなりを飲んでいくことに落ち着きました。

めなりを飲んでいたときがいちばん、視界がはっきりとしていたように感じたからです。

DHCやネイチャーメイド、わかさ、リフレなどいろいろ点々としてきましたが、これからはめなり一筋でいきたいと思います。


  ■続けやすい価格のえんきんを飲んでいます
年齢・性別 悩み どっちがおすすめ?
30代男性 目の疲れ えんきん

疲れ目対策にえんきんを飲んでいます。なんといっても価格が安いので!

めなりは1ヶ月だけ試しました。

目の疲れもスッキリするしいいなと思ったのですが、いまはコスパ重視です。

気休めかもしれませんが、飲むと眼精疲労が和らぐ気がします。


 ■ドライアイ対策をめなりでしています
年齢・性別 悩み どっちがおすすめ?
60代女性 ドライアイ めなり

コンタクトをしているせいか、目か乾いて仕方ないです。

いろんなアイケアサプリを飲んできましたが、めなりが一番自分にはしっくりきました。

他の目のサプリ(ファンケルのえんきんなど)と比べてちょっと値段は高めですが目の乾きが少なくなるので手放せません。


コスト重視ならえんきん、目への栄養重視ならめなりがおすすめ!

めなり、えんきんの比較
「えんきん」と「めなり」の特徴をまとめると、以下のようになります。



■えんきんがおすすめな人
えんきん
毎月の出費を少しでも抑えたいかたはえんきんがおすすめです。

「目はそんなに酷使していないけど、たまに目が疲れたときにサプリメントで栄養を補給したい」「できるだけ安い目のサプリが飲みたい」といった場合におすすめです。



■めなりがおすすめな人
めなり
目への効果重視で、良質な成分を取りたいかたはめなりがおすすめです。

めなりは主軸となる成分が優秀なので、お値段が若干上がってしまうデメリットがありますが「とにかく目の疲れを癒したい!」「目がしょぼしょぼしてしょうがない」といったかたには是非おすすめ。

めなりの定期コース初回価格は980円(税込)で試すことが可能なので、一度飲み比べてみるのもいいですね。