ルテインサプリの通販おすすめランキング!

ルテインサプリおすすめランキング!

こちらの記事ではルテインサプリのおすすめをランキング形式で紹介しています。

「ルテインのサプリメントでおすすめなのはどれ?」
「目にいいルテインサプリが知りたい」

という方の参考になれば幸いです。

■お急ぎの場合はボタンをタップで、おすすめランキングまで一気にジャンプします。



光ダメージから目を守る「ルテインサプリ」が人気!

最近ではスマートフォンやパソコンによる目の不調を感じる人が増えてきました。

他にも「目がぼんやりして、夜の運転が怖く感じる」「ちゃんと寝ているのに目の奥が痛い」といった、目の悩みを抱えている人が多いようです。

そのため、光ダメージから目を守ってくれるルテインサプリに注目が集まっています。

ルテインは緑黄色野菜やキク科のマリーゴールドから摂れる成分。別名「天然のサングラス」とも呼ばれており、スマホやパソコンから発せられるブルーライトから目を保護してくれる役割を持っています。

ただ、ルテインは人間の体内で作り出すことができない成分であるため、どうしても外部から摂取していく必要があります。

最近では、ルテインを含んだアイケアサプリメントがたくさん市販されるようになってきましたが、そうなると今度は「ルテインサプリの種類が多すぎて、どれを選べばいいのか分からない!」というお悩みも増えてきました。

そこで、まずはルテインサプリの選び方のコツについて、3点に絞ってまとめます。


ルテインサプリを選ぶときの3つのポイント!

ルテインサプリの選び方のポイント
「どのアイケアサプリを選べばいいのか分からない」
「ルテインサプリの選び方のコツが知りたい」

というときに覚えておきたい、ルテインサプリ選びの3つのポイントは以下の通り。

このポイントを押さえておけば、目への実感を感じやすいルテインサプリを選べるようになります!

【ルテインサプリ選び3つのポイント!】

①ルテインの配合量が10mg以上である
②ゼアキサンチンなどの、ルテインのサポートをする成分も含まれている
③続けやすい価格帯のアイケアサプリである

ルテインの摂取量目安は、1日あたり6mg~10mgくらいが推奨されています。そのため、サプリメントで摂取していくときもルテインが10mg程度含まれたものを選んでおくと、光ダメージ対策として効果的です。

また、ルテインは体内に吸収されにくい栄養素です。ルテインは脂溶性でお水には溶けにくい性質があるため、そのまま摂取しても体内に吸収されずに排出されてしまいます。そのため、ルテインの吸収サポートをしてくれる成分や、ルテインの働きを助けてくれる成分も含まれているサプリメントを選ぶのがポイント。

せっかく摂ったルテインをしっかりと目に送り届けるために、ルテインの吸収力を高める成分が配合されたサプリメントを選ぶことも大切です。

ルテインの吸収力や効果を高める成分には、

・ビルベリー
・ゼアキサンチン
・アスタキサンチン
・クロセチン

などがあります。

ルテインと同じく、光ダメージから目を守ってくれるとされる成分のゼアキサンチンとルテインを1:5のバランスで摂取すると、最も目に効果的だと言われています。

以下の表は、ルテインサプリのランキング商品の比較表です。

数あるルテインサプリの中から選りすぐりのものを見比べてみましょう!

ルテインサプリの比較表!

1位 2位 3位
名称 めなり えんきん ロートV5粒
商品画像 めなりのルテイン えんきん ロートV5粒
ルテイン 12mg 10mg 10mg
ゼアキサンチン 2.4mg 2mg 2mg
ビルベリー 170mg
アスタキサンチン 1mg
他の成分 βカロテン
ビタミン・ミネラル
亜鉛
銅酵母
定期初回 980円
(税込)
1000円
(税込)
3499円
(税込)
※2カ月分
定期2回目以降 6437円
(税込)
※2カ月分
送料無料
* 定期3499円
(税込)
 ※2カ月分
返金保証制度 30日 ※返品交換
無期限保証
詳細ページ 販売サイト 販売サイト 販売サイト




ルテインの配合量が10mg以上ありつつ、ルテインをサポートしてくれる成分がしっかりと含まれているのは「めなり」でした。

ルテインサプリ選びで困ったときは、めなりを選んでおけば、まず間違いナシです!



>送料無料・初回980円!<
button_001



ルテインサプリのおすすめランキング!

  1. めなりのルテイン

    めなり(さくらの森)

    価格:
    980円(税込)
    容量:
    約1カ月分
    1日の摂取量:
    2粒
    価格 4.5
    ルテイン 5.0
    効果 5.0

    めなりはルテインを12mg配合、さらにルテインと一緒に摂ると良しとされるゼアキサンチンも2.4mg配合されています。ルテインとゼアキサンチンの摂取バランス、5:1の黄金比も見事にクリアしているため、目への効果に期待が持てるアイケアサプリメントとなっています。

    また、目にいいとされる成分ビルベリーや、抗酸化作用を持つアスタキサンチンをしっかり含んでいる点も魅力です。

    2回目以降は2か月ぶんが同時に配送されます。価格は2袋セットで6437円(税込)。通常価格より25%引きとなります。ルテインとゼアキサンチンをしっかり含みつつのこのお値段、というのはなかなかあり得ないので、成分内容から見るとかなりお値打ちなコストパフォーマンスを発揮しており良心的な価格でもあります。

    真の意味で、目のためを思ったアイケアサプリを探している場合は真っ先にめなりのチェックを!

    >めなり口コミはこちら

    ■おすすめポイント!

    定期コースの初回は980円(税込)と、お試ししやすい価格になっています。万が一に備えた返金保証制度が用意されている点も◎

    商品詳細を見る

  2. えんきん

    えんきん(ファンケル)

    初回価格:
    1000円(税込)
    容量:
    約1か月分
    1日の摂取量:
    1粒
    価格 5.0
    ルテイン 3.5
    効果 3.5

    えんきんは、コストパフォーマンスに優れるアイケアサプリメントです。

    公式ショップのキャンペーンサイトから購入すると初回価格がかなりお値打ちになり、お得にルテインの効果を試すことができます。
    ルテインやビルベリーなどの目によしとされる成分の配合量的には他のサプリに若干遅れをとりますが、継続コスパを考えたときには続けやすい価格であるため、安く目のサプリを飲んでいきたい場合におすすめです。

    ■おすすめポイント!

    コスパが良く、リピータさんが多いアイケアサプリです。

    商品詳細を見る

  3. ロートV5粒

    ロートV5粒(ロート製薬)

    価格:
    定期3499円(税込)
    容量:
    約2か月分
    1日の摂取量:
    1粒
    価格 3.0
    ルテイン 4.0
    効果 4.0

    ロートV5粒、ルテインとゼアキサンチンがバランスよく含まれたアイケアサプリメントです。初回価格の値引き率は10%引ですが、定期コースの2回目以降も同じく10%引きで継続しやすいお値段です。
    ロート製薬のアイケアサプリということもあり愛用者も多いのが特徴です。

    ■おすすめポイント!

    ルテイン10mg、ゼアキサンチン2mg配合で成分バランスがいい。

    商品詳細を見る

  4. 一望百景(いちぼうひゃっけい)

    一望百景(マイケア)

    価格:
    1782円(税込)+送料
    容量:
    約1カ月分
    1日の摂取量:
    1粒
    価格 3.5
    ルテイン 4.5
    効果 4.0

    一望百景は、ルテインの配合量が20mg。ゼアキサンチンも含まれているアイケアサプリです。ほかのアイケアサプリと比べると、初回の価格が少し割高に感じますが、2回目以降も割引率に変動はなく、1袋あたり1620円+送料で続けられます

    よって、ルテインサプリの継続コスパ(価格)を重視し、お値打ちに飲んでいきたい場合は、一望百景をチェックしてみると良いでしょう。

    ■おすすめポイント!

    コスパよし。目のための成分、ゼアキサンチンも含まれたアイケアサプリメント。

    商品詳細を見る

  5. 朝のルテイン

    朝のルテイン(ひとみの専門店)

    価格:
    初回モニター500円(税込)
    形状
    ゼリータイプ
    価格 3.5
    ルテイン 4.5
    効果 4.0

    朝のルテイン&プラセンタは、食べるタイプのルテイン補給食品です。

    サプリメントではありませんが、ルテインの配合量は1日あたり40mgとなっているため

    「とにかくルテインの量がとりたい!」
    「サプリメントはノドにひっかかるので苦手」

    という場合は、ゼリータイプの朝のルテイン&プラセンタがおすすめです。

    ※朝のルテインは、モニター制度が用意されています。「いきなり本商品は不安……」という場合は、まずはモニターでお試しするのがおすすめです。

    ■おすすめポイント!

    ゼリー状なので「サプリは飲み下すのが苦手」という人に向いています。お子様にも◎

    商品詳細(モニター)を見る

  6. なごみアイ

    なごみアイ(ステラ漢方株式会社)

    価格:
    5566円(税込)
    容量:
    約1か月分
    1日の摂取量:
    2粒
    価格 2.5
    ルテイン 4.0
    効果 4.0

    なごみアイも、ルテインとゼアキサンチンがバランスよく含まれたアイケアサプリメントです。価格は若干お高めではありますが、ルテインの効果をサポートする成分クロセチンなども配合されています。

    ■おすすめポイント!

    体内に吸収されやすいフリー体ルテインを使用

    商品詳細を見る

ルテインサプリおすすめランキングの総評!

1位の「めなり」は、目に良いとされる成分をバランスよく含んだアイケアサプリメントです。ルテインだけでなく、眼精疲労回復の手助けをしてくれるビルベリーや、抗酸化作用のあるアスタキサンチンも配合されています。初回価格もお値打ちで返金保証も用意されているため、まずは実際に飲んでみて使用感のチェックをおすすめします。

2位の「えんきん」は、コストパフォーマンスがとても良いアイケアサプリです。ルテインとゼアキサンチンがバランスよく配合されています。お値段重視で目サプリを選びたい場合は、えんきんをチェックです。

3位の「ロートV5粒」は、製薬会社・ロート製薬のアイケアサプリです。ルテインとゼアキサンチンの配合比率が5:1と黄金比でバランスが良いです。摂取量目安は1日に1粒でOKですので、サプリの粒を飲み下すのが苦手、という人にも向いています。


ルテインQA

ルテインを多く含む食べ物ってどんなものがあるの?

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれています。
では、具体的にはどんな食材が「ルテイン」の含有量が多いのでしょうか?
チェックしてみましょう。

食材名 割合 含有量
ケール 100gあたり 21.9mg
ホウレンソウ 100gあたり 10.2mg
ブロッコリー 100gあたり 1.90mg
リーフレタス 100gあたり 1.80mg
グリーンピース 100gあたり 1.70mg
たまご Lサイズ1個 0.2㎎

 

■ケール

ケールのルテイン
ルテインの含有量がダントツで多いのは「ケール」というお野菜です。100g中におよそ21mgものルテインを含んでいます。

ただ、ケールは独特の苦みを持つ緑黄色野菜ですので一般の家庭の食卓に上がる機会はあまりありません。

ケールは、その栄養価の高さから青汁や野菜ジュースに入れられるケースが多いですが、スーパーなどで販売されていることもほとんど無いので、ルテインが豊富といえど摂取しづらいのが難点です。


■ホウレンソウ

ホウレンソウのルテイン
ケールの次にルテイン量が多い緑黄色野菜はホウレンソウです。

ホウレンソウは加熱すると「かさ」も減って、たくさんの量を食べることができるため食卓にも並びやすい食材です。ホウレンソウは100g中におよそ10.2gのルテインを含んでいます。

ルテインは脂溶性で油と相性がいい成分ですので、ルテインと油を一緒に摂ると体内でのルテインの吸収率が高まります。

ホウレンソウを良く食べる習慣があると、白内障などにもかかりにくくなるという報告もあるため、味が苦手でなければ積極的に採っていきたい食材です。


■ブロッコリー

ブロッコリーのルテイン
ブロッコリーは、100g中におよそ1.90mgのルテインを含む緑黄色野菜です。

ケールやホウレンソウと比べるとルテインの含有量が一気に少なくなってしまいますが、苦味もなく食べやすいので少しでもルテインを取り入れたい場合におすすめです。


■リーフレタス

リーフレタスのルテイン
リーフレタス(葉レタス)は100mg中に1.80mgのルテインを含んでいます。

付け合わせに使われるケースが多い野菜ですが、ルテインも多少ですが摂取できますので、見かけたらおいしくいただいておきましょう。


■グリーンピース

グリンピースのルテイン
グリーンピースは100g中におよそ1.70mgのルテインを含みます。

……とはいえ、ルテインのためにグリーンピースをたくさん食べるというのはかなり大変ですので、目のための栄養補給でルテインを採り入れていきたいとお考えの場合は、ホウレンソウなどの他の食材やサプリメントで補うのが早くて効率的です。


■たまごの黄身

たまごの黄身のルテイン
たまごの黄身(卵黄)にもルテインが含まれています……が、その量は微々たるもので、Lサイズのたまご一個でおよそ0.2㎎のルテイン量となっています。

そのほか、にんじん、かぼちゃ、黄色のパプリカ、芽キャベツ、トウモロコシなどにもルテインが含まれていますが、1日のルテインの摂取量目安は10mg程度が推奨されていますので、食材だけではなかなか規定量までルテインを補うのは難しいのが現状です。

とはいえ、最近ではルテインの研究も少しずつ進んできており、良質なルテインのサプリメントなども開発されていますので、食事とあわせてルテインサプリを栄養補助として利用し、目をいたわっていきましょう。

管理人のひとこと口コミ

ルテインを食材で摂るなら、ほうれんそうがオススメ!



ルテインを含む食材に関するまとめ
ルテイン摂取のポイント
★ルテインは緑黄色野菜に多く含まれる
★ルテインは脂溶性(油に溶ける性質)のため、油料理と緑黄色野菜を組み合わせると吸収力up!
★ルテインの1日の摂取量は10mg推奨。食事で摂りきれないときはサプリメントを利用すると便利


ルテイン以外の栄養素で、目にいいものは何?

ルテインは目にいいとされる成分の代表格でもありますが、ビタミン類や、青魚、ブルーベリー、ビルベリーなども「目にいい」と言われています。バランスよく栄養を摂取して、からだの巡りを整えましょう。

ビタミン類

ビタミンAには、角膜や網膜の働きを助ける効果があります。また、夜盲症対策にもビタミンAがおすすめですので、積極的に取り入れていきたい成分です。

ビタミンDは、ミタミンAの吸収を助ける働きがあるため、合わせて取り入れておきたいところ。

ビタミンEには、抗酸化作用や血行促進効果があります。目に栄養を送ってくれるのは、体内を流れる血液です。血行を促進することにより、目に良質な栄養が行き届きやすい環境を作ります。

青魚

青魚というと、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などをイメージし、記憶力や脳の活性化に良しとされる印象が強いですが、最近では目のためにも良いということが分かってきています。

お魚には血液をサラサラにする効果にも期待できますので、健康のためにも積極的に採りたいですね。

ブルーベリー、ビルベリー

ブルーベリーには、アントシアニンと呼ばれる青紫色の成分が含まれており、このアントシアニンが目に良いと言われています。アントシアニンは、ナスや紫イモなどにも含まれています。

また、ブルーベリーの仲間であるビルベリーはアントシアニンの配合量がブルーベリーの約2~5倍となっています。

ブルーベリーはジャムやジュースなどでもおなじみですが、ビルベリーは酸味が強くすっぱいですので、サプリメントで摂取するのが便利です。


ルテインサプリ以外で、即効性のある目疲れ対策は?

目を酷使する作業の前にルテインサプリを飲むことで目の疲れ具合はずいぶん変わってはきます……が、

「ルテインサプリ以外の目疲れ対策も知りたい」
「今すぐ目のショボショボから解放されたい!」

という人は、以下の方法をプラスすると目の癒し効果がさらにアップします。

目を温める&冷やしてみる

目元を温める

目周辺の血液のめぐりが悪化すると、目のショボショボ感や目の疲れを感じやすくなります。

長時間のスマホ操作や読書などで目を酷使したあとは、目のまわりの筋肉が凝り固まってしまいます。

その結果、じゅうぶんな酸素が目に行き届かず疲労を覚え、目がショボショボしてきます。

そんなときは、蒸しタオルと冷やしたタオルを使った目のケアがおすすめ。

タオルを濡らしてレンジで軽くあたためて、蒸しタオルを用意します。

濡れたタオルをあたためすぎるとヤケドしてしまいますので、まぶたの上に乗せて気持ちいいと感じる温度に調整するのがコツ。

蒸しタオルで目をあたためたあとは、冷やしたタオルをまぶたの上へ。

温めたあとに冷やすことによって、血流が良くなり目の充血解消にもつながります。

「時間がないけど、手早く目の疲れを取りたい」という場合は、蒸しタオルでの温めだけでも行うと良いでしょう。

管理人のひとこと口コミ

「蒸しタオルを作っているヒマがない!」という場合は、左右の手のひらを10回ほどこすり合わせてから、手のひらで目を覆うだけでもOK。

少しでも目を温めることで、目の緊張を和らげつつ、目の周辺の血行を促進できます。

ツボ刺激で目を間接的に癒す

目のつぼ
目のまわりにはツボがいくつかあり、疲れ目に良いとされるツボも存在します。いくつかご紹介していきましょう。

攅竹(さんちく)……鼻寄りの眉毛周辺、目の上の骨縁の少しへこんだところのツボ
晴明(せいめい)……目頭の左右のくぼみ、鼻の付け根の横側
太陽(たいよう)……こめかみの下のくぼみ

目のまわりの皮膚は薄いので、力を加えすぎないように注意が必要ですが、ツボを押すことで疲れ目が和らぎますのでお試しあれ。

目の運動。遠くを見る、目を左右や八の字に動かす

疲れ目対策その3

パソコン画面を見続けたり、スマホ画面に集中していると、目のピントを調整する毛様体が疲れていきます。

特に、最近のスマホゲームなどは画面から目が離せないものも多いので、ロード時間などは液晶画面から目をあげて遠くを見ることをおすすめします。

遠くを眺めたり、瞳を左右や八の字に動かすことによって目のピントを遠くにうつすことができますので、目の疲れが取れやすくなります。

このとき、目はゆっくりと動かすのがポイント。早く動かす必要はありませんし、むしろ目を激しく動かすことは、目の繊維組織や網膜に負担がかかり逆効果です。

近くから遠くにピントを合わせてリラックスするだけでも、ずいぶん目の疲れが軽くなるのを感じますのでお試しください。

管理人のひとこと口コミ

よく「遠くの緑(木や草花など)を見ていると目にいい」といいますが、実は植物そのものには視力を回復させる効果は確認されてはいません。

ただ、遠くを見ていると疲れ目の原因である毛様体筋がゆるみますので、結果として目がリラックスします。

緑には癒し効果もありますので、疲れを感じたときは遠くの緑を見てリフレッシュするのもよい方法です!

目薬

目薬

疲れ目には、目薬も効果的です。

とはいえ、最近では市販されている目薬の量も多く、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

疲れ目対策の目薬選びで悩んだときは、ビタミンが配合されている目薬がおすすめ。

ビタミン系の目薬に含まれるビタミンB6やビタミンB10には、目の新陳代謝を促進する効果や、目のピント調整機能を助ける働きがあります。

また、パソコンやスマホ、ゲーム機器などのデジタル機器を使ったあとの疲れ目の場合は、防腐剤フリーの使い切りタイプの目薬もおすすめです。

ドライアイは涙の量が極端に少なくなっている状態。そのため、目薬の成分が目に留まりやすくなります。

防腐剤フリー目薬を選べば、目薬の成分は目に留めつつも目に負担をかけなくてすみます。

管理人のひとこと口コミ

ちなみに、目薬をさすときは、1滴でもじゅうぶんです。

目薬を目にためておくことができる量は20μL~30μLと言われていますが、目薬は1滴で約30μL~50μL。たくさん点眼しても、結局は流れてしまいます。